メディア掲載履歴

リクルート社アントレに掲載されました

2010年 3月27日 リクルート社・アントレに掲載
2010年 3月10日 相模経済新聞に掲載
2010年 10月26日 FMやまと お店紹介コーナーに出演

2010年3月27日 リクルート社・アントレに掲載

 
ウラ話

リクルート社・アントレに掲載されました念願だった全国誌掲載がようやく叶いました。

始めに電話取材があり、その後、
別の日に写真撮影を行いました。

掲載された記事を見ると、
対面で取材があったかのように見えますが、
そうではないんですね。
自分で体験してみないとわからないものです。

 

電話取材は30分とうかがっていたのですが、
実際の取材は10分でした。
リクルートの方は仕事が早いです。

写真撮影は横浜の事務所で。
その前の週に(別のカメラマンさんに)このホームページに掲載する写真を
撮ってもらったこともあり、撮影の勝手はだいたいわかっています。

私の場合、左側から撮った方がキレイに見えることがわかっていましたので、
「左側からお願いします」とリクエストしてみました。

 

リクルートのカメラマンさんは、「15分位で終わりますから」と言いながら、
手際良くセッティングを始めました。

ホームページに掲載する写真を撮った時は、1カット30分位かかったので、
「そんなに早く終わるの?」と思ったのですが、本当に2カット15分で終わりました。
やはり、リクルートの方は仕事が早いです。

私自身が少し撮影に慣れていたからなのか、
良い機材を使っていたからなのかわかりませんが、
チェックさせていただいたところ、良い感じで映っていました。

その後、編集者の方から送られてきた原稿をチェックし、掲載となりました。
良く芸能人が「あることないことを勝手に週刊誌に書かれた」とか言って怒っていますが、
リクルートさんはちゃんと原稿チェックがありました。

私が話したことが、そのまま書かれていました。
良かったです。(笑)

2010年3月10日 相模経済新聞に掲載”

 
ウラ話

FMの次は新聞です。
相模経済新聞の記者、小倉さんと、実際にお会いしての取材でした。
1時間にもわたる丁寧な取材で、私の仕事内容についてかなり深い部分まで、
聞いてくださいました。

聞いたことがない仕事内容なだけに、記事を書くのに苦労されたようです。
そりゃあそうです。日本初の仕事ですから。(笑)
わからない点があったようで、何度か電話をいただきました。
小倉さん、本当にご丁寧にありがとうございました。

 

相模経済新聞に掲載されましたうれしかったのは「僕も坂本さんにお願いしたくなりました」
と言ってくださったこと。
小倉さんは会社員ですから、私のサービスは必要ないはずです。
にもかかわらず、そんな言葉が出たということは、
私の仕事は意義があるってことですよね?

取材の時、結構、熱く語ってしまいましたので、
これが新聞という客観的な媒体で表現されるとどういうことになるのか、
興味津々でしたが・・。

できた記事です。→

 

その後、こんなメールを小倉さんからいただきました。
大変うれしいことです。
小倉さんから許可をいだきましたので掲載します。
ありがとうございました!

 

ネット社会で誰でも情報発信できる時代になりましたが、
自分のことを自分の言葉でPRする機会は減ってきてるような、
すくなくても増えてはない気がします。

坂本さんの取り組みは、「自分」を伝えるサポートとも言えると思いますが、
それには他者との比較で自分の特徴を捉える分析力やどうすればより読み手に伝わるか
考える想像力が必要
になると思います。
そして、これらはコミュニケーションの基本と思います。

ですので、企業のホームページ制作に加え、
大学生・社会人が自己PRやコミュニケーション力を
磨くことを目的に触れても面白いと思いました。

私も今回は勉強になりました。
思いを伝えるのは得意でないので、これから更に勉強します。

今後ともぜひよろしくお願いいたします。

 

2010年10月26日 FMやまと お店紹介コーナーに出演”

 
ウラ話

初めて私がメディアに出演したのは、地元、大和市のFM局でした。

13:35から5分程度ですが、なんと生放送!
その日の夕方と日曜日にも再放送してくれるとのことでした。

あらかじめ私がFAXで送った原稿をもとにした電話インタビューでの出演です。

平日の昼間という時間帯を考えると、聞いているのはお店か一般家庭の方。
私のサービス内容は、一般家庭の方は対象にならないので、
お店の店長さんに向けたメッセージにしようと思い、原稿を書きました。

 

当日の12:00頃、パーソナリティの川島ノリコさんからお電話があり、
簡単な打合せ。

川島さんは、私のサイトもチェックしてくださったそうで・・
さすがはプロですね。

私が、
「ラジオに出るのは初めてで、緊張するとしゃべれなくなってしまうかも知れない」
と伝えると、
「大丈夫ですよ。ラジオだと思わずに私と電話で話しているだけと思ってください。」
と。
やはりプロ。手慣れたものですね。

 

そして、13:35。
FM局から電話がかかってきました。

原稿は、私があらかじめFAXで送ったものですし、
見ながらでもOKなので、緊張はしたものの意外と大丈夫でした。

 

どんな仕事内容なのかということを聞かれ、答えたあと、

川島さん「今日は、売れるホームページを作るポイントを教えていただけるとか?」

「はい。それは対象者を絞ることなんです。
たとえば、人ごみで「すみません!」と叫んでも振り向いてもらえませんよね。
でも「そこのキレイなお姉さん!」と叫べば何人かは振り向いてくれます。
他人から見たら「おばさん」と思えるような人でも、
自分が「キレイなお姉さん」だと思えば振り向きます。
「キレイなお姉さん」と一緒に歩いている男性も振り向くかも知れませんよね
ですから、対象者を絞って、その人ひとりににメッセージを伝えるつもりでホームページ
を作れば、お客様の心に届くんですよ。」

川島さん「なるほど!すごく勉強になりました!」

 

私は、このラジオ出演に当たって、1つだけ工夫をすることにしました。
たぶん、ラジオのリスナーさんは、私に対して興味がありません。
ですから、(私が対象者として絞った)お店の店長さんの参考になるような情報
お話ししてみました。

 

どの位の人が聞いていたのか、わからないですけどね。

FMやまとの本家さん、パーソナリティの川島さん、本当にありがとうございました。

FMやまとさんにもまた出演したいですが、
放送エリアがもう少し広範囲なFM局にも出てみたいかな。

関連記事

ページ上部へ戻る